B.A.N.N.E.D.
        コンビニエロ本・イズ・デッド  
        -SHORT DOCUMENTARY

10 mins.

 

2019年夏、コンビニからエロ本が消えた。雑誌コーナーの片隅にあった成人誌の棚が一斉に撤去されたのだ。販売中止の理由についてコンビニは、女性や子供への配慮と、オリン
ピックで増える訪日外国人の存在をあげた。この決定に反対をあげる声はほとんど起こらず、ネットに疎く、書店が遠い地方の中高年の客たちは、身近なエロを失った。このドキュメンタリーは、完全デジタルAV世代の若手ディレクターが、コンビニエロ本の出版部に密着取材。意外にも女性が多いエロ本
作りの現場や、読者との交流、そしてエロ本作りにかける彼らの思いを追った。

 In the summer of 2019, porn magazines disappeared from convenience stores. The shelves of porn magazines were removed all at once. Concerning the reasons for discontinuation of sales, convenience stores are for the consideration of women and children, and for foreign visitors to Japan, which will increase at the Olympics. This documentary explores the thoughts of making porn magazines, interacting with readers.
 

DIRECTOR: NANKI TERAMURA